プチ起業・おうち起業を目指すママたちのための

何をしたらいい?どうしたらいい?を解決★

掲載企業様募集
ママズスマイル

先輩ママのプチ起業ストーリー

2014年 6月 4日

坂井恭子さん

周囲の協力を得てリフレクソロジストとして自宅サロン兼スクールを運営。

◆お名前   坂井 恭子

◆年齢    37歳

◆お子さまの人数、年齢 1人(1歳10ヶ月)

◆職業 リフレクソロジスト・アロマセラピスト・インストラクター(リフレクソロジー/アロマセラピー)

◆お住まい 神戸市北区谷上南町

◆持っている資格
JREC認定リフレクソロジスト・JREC認定トップインストラクター
RAHOS認定アロマセラピスト・RAHOS認定アロマセラピーインストラクター

◆URL http://www.ac.auone-net.jp/~re-cre/re-creational3.htm
    

----------------------------------------------------------------



―プチ起業ストーリー―
【マリスマ】
坂井さんの起業考えたきっかけはどのようなきっかけを教えてください。

【坂井さん】
セラピーに携わる仕事をしたいと思って勉強し、資格を取った後にサロン勤めも検討しましたが、「ただトリートメントを受けて気持ちが良かっただけにとどまらない、セラピストとして一人一人のお客様にきちんとフォローアップできる環境で仕事がしたい」と思った結果、自宅を利用して個人でサロンとスクールを始めようと考えました。




【マリスマ】
現在のご職業(資格取得も含め)に決めたきっかけはどんな理由からだったのですか?

【坂井さん】
大学卒業後に就いた仕事に馴染めず、「自分がしたいことは何か?」と迷ってその仕事を退職しました。
退職後に入ったアルバイト先である日、先輩が疲れている様子だったので、肩を揉んだところ「楽になった」ととても喜んで下さいました。
それが本当に嬉しくて、「人の役に立つ仕事がしたい。喜ばれる仕事がしたい」と思い、
セラピストを目指して勉強することを決めました。



【マリスマ】
 人に喜ばれるお仕事って素敵ですよね!
お子様はまだ小さいですが、お仕事の時はどうされているのですか?

【坂井さん】
 週末は夫に見ててもらったり、平日は母に1時間500円でみててもらったりしています。
母にはその方がこちらも遠慮せずに頼めるかなと思いまして。



【マリスマ】
 すごい!お母様にもきちんとお金をお支払いしているのですね!尊敬します。
起業すると決めてから、開始するまでにどのくらいの期間がかかりましたか?

【坂井さん】
最初のサロンは資格取得後から半年で開業(結婚にて閉店し、再度開業)、
スクールはインストラクターの資格取得後から更に勉強を重ねた5年後に開講しました。




【マリスマ】
起業する際の資金はいくらくらいかかりましたか?

【坂井さん】
資格取得:(リフレクソロジスト・アロマセラピスト・それぞれのインストラクター全て併せて)100万円前後、解剖生理学などの勉強用書籍:15万円ほど。

備品:トリートメントベッド・スツール・白衣などサロンなど50万円ほど。
合計165万円前後です。




【マリスマ】
 起業の資金はどのようにされたのですか?

【坂井さん】
 今までの貯金やパートでの稼ぎです。
インストラクター(資格取得を希望する方に教える先生)になる資格を取ると金額はいきますが、その分収入にしやすいというメリットはあります。
165万円も一気に出したわけではなく、ちょっとずつです。
自宅でサロンを開くことだけを目標とするなら、資格取得に掛かるお金にプラスして備品などを購入する費用として20万もあれば自宅サロンは開けると思います!



【マリスマ】
 なるほど!今は資格の取得にも分割制度もありますよね^^
起業してよかったこと、それまでとの変化は何かありましたか?
【坂井さん】
起業して良かった事は自分が目指すセラピーを行うことができる、自分が理想とした仕事ができることです。
それまでとの変化は自身で全てを管理しなければならないことで「仕事に対する責任」を強く意識するようになったことが挙げられます。
また家族と過ごす時間と仕事の時間をバランスよくとるために「どのように時間を使うか。どのように時間をやりくりすればよいのか」と時間の使い方も意識するようになりました。




【マリスマ】
 時間の使い方でなにか意識的にされていることはありますか?

【坂井さん】
 仕事の入っていない昼間は子どもといる時間なので、
子どもがお昼寝したら○○して~、メール返信して~など、その日のお昼寝タイムにやることを事前に考えておいたり。
どうしてもやらなきゃいけないことがあるときは、
1時間だけアンパンマンにお世話になってその時間内にやるべきことを片づけて!といった感じです。




【マリスマ】
 わたしもプチ起業時代、子どもを保育園に預けていなかったのでその頃を思い出します(笑)
起業する際に大変だったこと、苦労したことを教えてください。

【坂井さん】
サロン開業に当たっては一からお客様を獲得しなければならないため、
町内でのポスティング作業で歩き回ったことなど。
子供が生まれてから仕事を再開する際は時間のやりくりや仕事中は授乳が出来ないので、
時間を見つけては搾乳作業を繰り返したこと。
頻回授乳によって細切れ睡眠だったため、
眠気との戦いの中で睡眠と家事と復帰に当たっての勉強のバランスを取らねばならなかったことなど。



【マリスマ】
 小さいお子様がいるママだからこその大変さですね!
子どもが3カ月のときからプチ起業の準備を始めたのですごく懐かしいです。
やはり眠気との戦いでした(^_^;)
 集客に関して工夫されたこととかはありますか?

【坂井さん】
 先ほど申し上げたポスティング。
あとは友人などにモニターを頼み、それをブログや周りの方に口コミをお願いしたり、紹介割引チケットなどを作りお友達に渡してもらったりしました。
 そのおかげで口コミでお客様がきてくださるようになりました^^




【マリスマ】
 現代は口コミの時代と言われていますが、まさしくですね!
口コミでお客様が埋まるようになるのはとても理想的!

坂井さんの1日のタイムスケジュールを教えて下さい。


【坂井さん】
6時過ぎ:起床。
~8時30分:家事(朝食並びに主人のお弁当作り・洗濯など)。
8時30分~:子供と一緒に朝食。9時~10時:掃除を始めとした家事
仕事が入っている時はサロンもしくはスクールの準備。

(サロンもしくはスクールの仕事が入っている時)
10時~18時:予約時間に応じたサロンもしくはスクールの仕事。
お客様へのトリートメントや実技復習会、講習など。

(仕事が入っていない時)
10時~17時:子供と過ごす・子供がお昼寝中は事務作業・課題の添削・メールチェックと返信作業・授業の準備・勉強など。
子供が起きている間は子供の相手をしながら家事など。
17時~家事・食事など。
21時前後~子供の寝かしつけ(そのまま一緒に眠ることあり)。
起きていたら22時前後~メールチェックと返信作業・課題の添削・事務作業・勉強など。
0時前後:就寝




【マリスマ】
 小さいお子さまがいるといかに時間を有効活用するかが要になってきますね!
坂井さんの今後の目標、活動予定を教えて下さい。

【坂井さん】
サロン、スクールの活動に加え、病院や施設でボランティアとしてトリートメントを行うなど、より多くの方の役に立てる活動を目指しています。





―プチ起業を目指すママたちに向けて―
【マリスマ】
自分に向いているジャンル、お仕事を見つけるための何かアドバイスはありますか?

【坂井さん】
今の仕事に出会うまでに、色々な仕事や趣味を通じて「自分の向き・不向きと自分が興味を持っている分野」を知りました。
自分には何が向いているのか、どんなことに興味があるのか、どんなことが得意なのかは様々な経験の中で成功と失敗を繰り返して、初めて気づくこともあります。

興味があるならば、まずはやってみて、それがどのようなものかを身をもって知る。
そして自分の特性にそれがあっているかを照らし合わせてみるのがよいのではないでしょうか。
宝くじを買わなければ当たらないように、
やってみなければそれが自分にあっているかどうか分からないものだと思います。

また家庭に入っていると一定の収入が世帯として確保されているので、
「嫌になって辞めてしまっても、生活に困ることが無いから」
とそれまでにかけた労力や費やしたお金を簡単に無に返してしまうというケースを幾度となく目にしました。

「この仕事が好きだ」という気持ちが仕事に向かうモチベーションとなり、
どんなに大変な状況になっても続けていこうとする動力となると考えています。
どんなジャンルの仕事が良いのかと迷う時は
「そのジャンルの仕事が好きだと思う?何があっても仕事を続けていきたいと思う?」
と自問自答し、迷う気持ちが少しでもあるならばそのジャンルをまず外してみるというのも一つの選択方法だと思います。




【マリスマ】
 たしかに、自分でお仕事をしていくうえで楽しいことばかりではありませんよね。
思うようにいかないことも多々ある。
そんなとき、自分のお仕事に信念を持っていないと気持ちが続かないですよね。

ではプチ起業、起業を目指すママたちに向けたメッセージをお願いします!

【坂井さん】
子供がいる自宅で仕事を上手くこなしていこうと思うと、絶対に欠かせないのが「周囲の協力」です。
私の場合、仕事をしている間は子供を実家の母や主人に見てもらっていますが、
この協力がなければ手が掛かる年齢の子供を育てながら今の仕事量をこなすことはまず無理でしょう。
実家がすぐ近くにあり、主人や実家の両親が私の仕事に対して理解を示し、
協力してくれているという環境に恵まれていることに心から感謝しております。
せっかく好きなことを仕事にして頑張ろうと決めたのに、周囲の協力が得られずに立ち行かなくなるというのは非常に残念なことです。

それでは周囲の協力を得るため何が必要?と聞かれたら、私は「仕事に対する熱意と真剣さが必要」だと答えるでしょう。
本気かどうか分からない、真剣さが無い人の話を聞いたところで、それを同じように真剣に受け止める人はまず居ません。
自分は真剣にこの仕事がしたいんだ!と熱い気持ちを持って、プチ起業に取り組んで下さい。
そうしたらきっとその熱さが周囲に伝染して、仕事への環境が整っていくと思います。
自分が大好きだと思う仕事を通じて、より多くのママ達が輝ける毎日を過ごされることを心より願っております。

【マリスマ】
 ちなみに周囲の協力を得るためになにかされていることはありますか?

【坂井さん】
 母とは1時間500円で託児契約をし、仕事として割り切って子どもの面倒を見てもらうこと。
 旦那さんからたまには1人の時間が欲しいと言われるので、そういうときは「行ってらっしゃい♪」と気持ちよく行かせてあげます。
あと、練習のモデルになってもらったり、旦那さんが疲れてトリートメントを受けたいとリクエストがある時はトリートメントを行って、わたしの仕事も理解してもらっています。


【マリスマ後記】
 周囲の協力、本当に大事ですよね!!
やはり自分の主張ばかりではなく、旦那さんの意見や希望もきちんと聞いてあげることで、旦那さんも理解を示してくれるようになるんでしょうね^^
仕事に対する熱意と真剣さと共に、感謝の気持ちも忘れずにいきたいですね!

わたし自身も子どもが生まれて間もないころからプチ起業の準備を始め、生後半年で開始をしました。
子どもが小さくても色々なことを工夫をすることでママがやりたいことを仕事にしていけるんだなと、坂井さんのインタビューで改めて感じました!
坂井さん、素敵なインタビューをありがとうございました^^!

今までのキラキラママさんのストーリー一覧

2014年7月30日 田中裕子さん 安眠ダイエット×カラーセラピーを駆使したオリジナルメニューで自宅サロンを運営。

2014年7月23日 熊野薫さん 託児サービス付の出張リフレを運営。

2014年7月16日 松原よし美さん 人間統計分析学=ユダヤ式ナンバーコードのアドバイザーとして活動。

2014年7月9日 桃世真弓さん だれが作っても簡単!美味しい!なスーパーエコご飯研究家

2014年7月2日 堀江梨江さん 美部屋セラピストとしてイメージに合った家具や空間作りのコーディネートをご提案。

2014年6月18日 松岡誠子さん リンパセラピストとして自宅サロンを運営

2014年6月11日 白石梨沙さん ”人を喜ばせる仕事に就きたい”この想いから自宅ネイルサロンを開業。

2014年6月4日 坂井恭子さん 周囲の協力を得てリフレクソロジストとして自宅サロン兼スクールを運営。

2014年5月28日 川口幸枝さん 逆境をプラスに!1歩踏み出しニーズに沿って動くうちに自然と形になっていきました。

2014年5月21日 和田圭代子さん お花の教室と自宅併設SHOPを運営!

2014年5月14日 細川悦子さん 人生一度きり!来てもいない未来を不安に思わず、今ここを大切に、自分の可能性を信じる!

2014年5月7日 坪川好子さん ママとして、子供中心に生活できるのは、幸せな事だと思います。それが起業する事で可能になりました。

2014年4月30日 なかしまゆきさん 17年間勤めた保育士を人間関係で退職。「保育士」と「子育て」の経験を活かし子育てコーチングで起業!今はやりたいことばかりで毎日が幸せです♡

2014年4月21日 前田智巳さん 子供のアレルギーを理由にアロマの勉強を!子供を連れて学べる自宅サロンを★